このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

HOME>精神科・心療内科・神経内科の違い

精神科・心療内科・神経内科の違い

精神科と心療内科、神経内科、心理学ってどう違うの?
精神科と心療内科、神経内科、心理学ってどう違うの?のイメージ写真

実はこの質問は大変よく受ける質問です。まず精神科と心療内科の違いについて説明します。

精神科は純粋にこころの病気や問題を扱う科ですが、本来の心療内科は「内科」です。もちろん、こころが原因の身体的な疾患を扱う「内科」です。例えば、ストレスが蓄積して胃潰瘍になったとか、心配し過ぎて円形脱毛症になったとか、そういった身体疾患を扱うのが心療内科です。
ただし、こころが原因していても、頭痛や腰痛や何らかの違和感は扱いません。この違いは、胃潰瘍でも円形脱脳症でも他者が目で見てその異常の存在が確認できますが、頭痛や腰痛や違和感は他者が見てもその異常の存在は確認できません。確認できるもののみ本来の心療内科で扱い、確認できないものは精神科で扱います。本来の心療内科はこのようなものを扱う「内科」ですが、実際の町中の心療内科は、精神科へ受診し辛いために精神科へ受診しやすくするための標榜であります。実はメンタルクリニックやまびこも精神科イコール心療内科という意味で標榜しております。

精神科と心療内科、神経内科、心理学ってどう違うの?のイメージ写真

続いて神経科との違いですが、これも精神科を受診しにくい事から出てきた標榜です。しかし、現在は厚生労働省の通達で神経科の標榜は禁止されています。
神経内科はあくまで「内科」です。内科の中には、より細かく循環器内科とか、呼吸器内科とか、血液内科、腎臓内科、代謝内科などに分かれていますが、神経内科もこのようなより細かく内科を分けた中の一つで、神経系を診る「内科」です。脳梗塞や筋ジストロフィー、中枢神経系の感染症などの病気を診ます。神経内科は「内科」ですが、手術をするのが脳外科です。

最後に心理学について、特に臨床心理学について、説明致します。心理学には、社会心理学や教育心理学など様々な分野の心理学があり、臨床心理学はその一分野であります。心理学の様々な知識の蓄積を臨床の分野へ応用し貢献しようという事で生まれました。また、精神医学は医学の一分野ですが、臨床心理学は医学の一分野ではありません。心理学は現在社会文科系の学問の一分野であり、大学でも文学部の中に入っています。精神医学と臨床心理学とは重なる部分が非常に多いのでどこがどう違うのか迷われますが、医学的な考え方から派生してきた精神医学と社会文化的考えから派生してきた臨床心理学の双方が、互いに大いにオーバーラップしているこころの病気の臨床現場で、互いに補い合って有益な治療ができる事が今後の現場の理想であり、今後の現場の課題であると考えます。実は、メンタルクリニックやまびこもこの理想を一つの大きな理念の柱としています。

問い合わせ